動画配信

RIOS HOME動画配信肩関節インピンジメントを防ぐための内旋可動域改善方法

肩関節インピンジメントを防ぐための内旋可動域改善方法

2018.08.19

今回は肩関節インピンジメントを防ぐための内旋可動域改善方法〟についてお伝えしていきます。

拘縮肩やインピンジメントを引き起こしている場合、肩関節後方の硬さが問題になる場合があります。

その中には、屈曲初期から骨頭の上前方変位と内旋を伴いながら挙上するケースがあります。
その場合、1stポジション〜軽度屈曲位で後方の硬さが問題になりますので解決しておきます。